会社案内

  • 実績紹介・カテゴリー
  • パッケージ印刷
  • UV印刷
  • オフセット印刷
  • その他

HOME > 会社案内

代表挨拶

江戸時代からの“からくり人形”に始まり、
戦前の自動織機、戦後の自動車および製鉄まで…。
それらをつくり出してきた愛知県は、
世界に名だたるモノづくり文化地域といえます。
では、その地域における「印刷会社」の役割とは何か?
それは一にも二にも、プロ即ち職人が高い技術とプライドを持って、印刷物を仕上げることだと思っています。
確かに、機械の性能の高さは、クオリティの高いモノをつくりあげるために、重要な部分です。
しかし、その機械が高機能になればなるほど、カを引き出す職人の手腕も問われるのではないでしょうか。
モノづくりは、カタチが残るからこそ責任も求められる仕事です。
印刷もその例外ではないと、当社は考えています。

表取締役社長 後藤 規之

沿革

1963年3月 名古屋市北区において秋山機械単色機3台にて創業
1965年7月 初めてスウェーデン製ソルナ単色機を導入
1966年3月 前年に引き続きソルナ単色機を導入
1968年5月 ソルナ2色機を増設、多色化を図る
1972年5月 同所に新社屋を建設、竣工
1973年8月 スイス製カラーメタル2色機を導入
1976年5月 本格的なカラー時代を迎え、スイス製カラーメタル4色機を導入し、名実ともにカラー印刷の三藤となる
1977年4月 アキヤマ製菊半裁4色機を導入
1979年9月 アキヤマ製菊全4色機を導入
1980年3月 アキヤマ製菊全5色機を導入
1983年3月 刷版設備一式を導入
1986年5月 製本加工会社「(株)三正」を設立
1995年5月 マン・ローランド社製R705を導入
1996年4月 デジタル化を図りMac2台を新設
2000年5月 CTPライン一式を新設、印刷工程までのデジタル化を図る
2003年12月 製本加工会社を合併し三藤印刷(株)となる
2004年12月 マン・ローランド社製R705を増設
2005年1月 春日井市下条町に新社屋を建設、竣工

環境宣言

三藤印刷株式会社は、

地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、

全組織を挙げて環境負荷の低減に努力します。

会社概要

商 号 三藤印刷株式会社
所在地 〒486-0923  愛知県春日井市下条町字東本1141-1
設 立 昭和38年3月21日
資本金 7,000万円
社員数 35名
代表取締役社長 後藤 規之
取締役会長 後藤 桂子
事業内容 商業印刷、パンフレット、ポスター等の印刷から加工、及びパッケージの印刷

三藤印刷株式会社
〒486-0923愛知県春日井市下条町字東本1141-1
0568-87-6506

ページのトップに戻る